日本JCシニア・クラブのホームページにようこそ!!

メインメニュー


◆◇ 事務局 ◇◆
〒102-0093
千代田区平河町2-14-3
 青年会議所会館 1階
TEL. 03-3234-5622
FAX. 03-3234-5623
 





筆頭世話人代表 ごあいさつ







   2018年度日本JCシニア・クラブ
             筆頭世話人代表 千  宗 室
                        (京都JC)

1993年度(社)日本青年会議所常任理事
近畿地区協議会会長
茶道裏千家 家元  (一財)今日庵 理事長

今年の抱負

 あけましておめでとうございます。皆様方には昨年も日本JCシニア・クラブの活動にご協力いただき有難く存じております。
 さて、一年の計は元旦にあり、と申します。私の家ですと正月は末まで初釜が続くこともあって、節分を過ぎたあたりで漸く一息つくといったふうです。この初釜期間に重なるのが京都会議。現役の時は家の行事との兼ね合いで四苦八苦。しかしそこには心地よい緊張感があり、それによって自分を高めるトレーニングが出来たのは実に得難い機会でした。
そしてシニアクラブに参加するようになってから再びその学びと友情の場が戻ってきました。
 今年の新年会には少しばかり変更があります。参加いただく対象を日本JCシニア・クラブ会員限定とさせていただきました。それにより懇親の場がよりコクのあるものになると考えております。
 ところで冒頭に書き記しました一年の計。私の目標は「焼酎が飲めるようになること」です。誰が流したか小生のことを“ウワバミ”と呼ぶ向きがあります。確かにワイン以外の酒はなんでも飲む、と広言した過去があります。実はワインの他に焼酎、泡盛も守備範囲外です。
 しかし今年の全国大会は宮崎。アスパックは鹿児島。これ、どうしたって焼酎じゃないですか。ということで昨年末から飲む訓練を開始しました。少しずつですが独特の香りや味にも慣れてきました。
 京都会議の乾杯は条例で清酒になりますが、宮崎・鹿児島の皆さま、それぞれの懇親会の乾杯は焼酎でなさったら如何ですか。いったん慣れたら怖いものはないですから。
 「千先輩、再現役化進行中」と陰で言っているLOMメンバーがいるようです。こんな具合に気の大きくなるところもシニアクラブの効用。
皆さま、老化防止のためには昔の仲間と会うのが一番です。
 今年も挙(こぞ)って諸プログラムに参加くださいませとお誘いし、年頭のご挨拶とさせていただきます。

2018年元旦